豪雨被害について

積乱雲が帯状に連なる「線状降水帯」により、福岡は今までに経験したことがない豪雨に見舞われています。災害は近くにあるのだと愕然としています。早く終息に向かうように祈らずにはいられません。

怖い思いをしますと、呼吸が浅くなってしまいます。気が上部にあがり、頭に熱がこもってしまいストレスがより強くなりますので、深い呼吸を心がけてみて下さい。

深い呼吸を行うには、まず丹田に意識を集中します。丹田は、諸説ありますが、臍から2寸5分(7.5cm)下。臍の下の下腹部にあると思って下さい。
その丹田から邪気が出ていくイメージで、できる限りゆっくり長く息を吐き出します。この吐ききる事が大切になってきます。全てを吐き出すと今度は、自然に空気が入ってきます。この吸うときに新鮮な霊気が入ってくるイメージを持つと良いのです。
この呼吸法は、血流を良くして、身体をポカポカにしてくれます。
血流がよくなりますと、ストレス物質も血流にのって、排泄されていきますので、ストレスが低下するわけです。

また、てのひらに労宮(ろうきゅう:手をグーの形に握った時に、中指の頭が当たるところ)というツボがあります。ストレスがある際にこのツボを指圧すると良いといわれていますので、気持ちが落ち着かない眠りが浅いという時には押してみて下さい。また、パートナーがいる方は、お互いにツボを押し合ってみて下さい。人のぬくもりが相手を癒してくれますので、免疫力が高まります。

(参考文献:美しい人をつくる「所作」の基本 桝野俊明)

鍼灸師 大峰さゆり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA