健康は、自分で管理するもの

東洋医学はもっぱらですが、一般に医学とは、ヒトの持つ自然治癒力を最大限に利用して健康の維持・増進と病気や怪我からの回復を目指すための知識と技術です。

私は患者さんに、「私たちには、病気や怪我を治すことはできません」と伝えます。
そうすると、皆さん、はじめはちょっと変な顔をなされます。
私は、続けて、「私たちがここで行う施術は、皆さんの自然治癒力や回復力を、「気」の調整を行うことで最大限に引き出すことをします。そうすると、患者さんたちのカラダが自分で治してゆくのです」と申し上げます。
病気や怪我を治すのは、自分自身の治癒力や回復力なのです。

そうなんです、私たちは皆さん方の体を診断するときの一番の関心事は、「気」の流れの異常を感知し、「どうやっって正常に戻そうか」と東洋医学の理論を使って考えるのです。
ということは、私たちは大したことをやっていないということがわかります。
東洋医学そのものがとてもマイナーな医学なので、勉強した人も少なく、一般の方には分かりにくいですね。

私の理想を申し上げれば・・・
ある程度の健康の維持と増進、つまり健康管理、は家庭で行うことがいいのです。
こういうと、現在の医療機関の首を自分で絞めるようなものですが、過去ではそうだったのです。
先人の知恵が生きていて、代々おばーちゃんから娘、孫に伝わったのですね。
ご家庭でのお医者さまは、おばーちゃんか主婦でした。
彼女たちが主人から子供達の健康を管理したのです。
簡単にはお医者さまにはかかってはいなかったのです。

今月(十月)下旬25日、水曜日の午後2時、第2回先人の知恵セミナー(家庭の健康)をたんぽぽ鍼灸院でやろうと思っています。
ご家庭で誰かが家族の健康を管理しなくてなりません。
健康のためのお灸や指圧、アロマや漢方薬の使い方などを勉強します。
便秘や下痢、肩こりに風邪などの簡単な対処法を勉強しましょう。
ご参加希望の方は、たんぽぽ鍼灸へお電話ください。(092−561−8014)
参加費は、500円を予定してます。(お茶とお菓子付き)
お子様づれは歓迎します。
1時間半ほど、楽しくお勉強しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA