指つかみ

ちょっとした気分の落ち込みや悲しみ、怒り、、といった感情は人間なら誰しもあると思います。
東洋医学はからだの健康はもちろん、心や感情のバランスがとれている状態をとても大事にしています。
全ての事象やものごとを木・火・土・金・水の5つに分類している五行色体表があります。
その中に「五志」という感情についての項目もきちんとあり、
木 火 土 金 水
肝 心 脾 肺 腎
怒 喜 思 悲・憂 恐・驚
(☝「色体表」「五行色体表」と検索すると出てきます)
このように感情も過ぎると内側からからだを傷つけてしまうと昔の人たちは知っていたのです。
実は、この五行を5本の指に当てはめてそれぞれ違った役割を持ち、簡単な感情コントロールやセルフケアを行えます。
親指:不安・心配(胃・脾)
 うつ傾向 不安 自己防衛 疲労感 消化時の不快感
人差し指:恐怖(膀胱・腎臓)
 気弱 欲求不満 完璧主義 批判 排除
中指:血気・怒り(肝臓・胆のう)
 イライラ 臆病 優柔不断 情緒不安定 不注意
薬指:悲哀(肺・大腸)
 ネガティブ 常識の欠如 耳の不快感
小指:心労(心臓・小腸)
 神経質 混乱 不安定 膨満感 吐き気
掌:どの指にも当てはまらない感情や、症状に困ったとき

やり方はとても簡単で、トラブルに対応した指を反対の手で余計な力は入れず、そっとはさむようにつかみ、そのまま2~3分キープするだけです。
手のひらを押すときも力は必要ありません。強く押すのではなく、軽く抑える程度でOK!必要なのは自分の両手だけ!
毎日のストレスケアにぜひ活用してみてください(`・ω・´)
参考 >>> http://kenko-waza.com/?p=4190

鍼灸師 宇田千夏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA