うつ症状の予防@たんぽぽのわたげ~福岡市中央区・心理カウンセリング~

心のバランスを取る神経伝達物質の「セロトニン(別名=幸せホルモン)」。うつ病や不安障害のお薬にも使われています。不足すると、質の良い睡眠がとれない、感情のコントロールがきかなくなる、感情が沸かなくなる、やる気がおきない、人との関わりが億劫になります。
現代人には慢性的にセロトニンが不足している人が多いと言われていますが、原因はストレスが多く生活リズムが不規則になりがちな現代人のライフスタイルにあると言われています。今すぐ実践できることをご紹介★簡単にセロトニンを増やすことができますよ♪

①朝起きたら太陽の光を浴びる
 目に入る光の量(明るさ)の影響を大きく受けます。
 カーテンを開けて朝日を浴びる習慣をつけましょう。
②一定の動き(リズム)を継続する運動を行う
 ウォーキング、ジョギング、スクワットなど意識せずに一定の動きを繰り返す軽い運動習慣(30分)が◎
③食事をよく噛む
 食事以外ですと、ガムを噛むのも効果的です。
④スキンシップをとる
 日本人はハグの習慣がありませんが、安心や癒しを感じます。握手や肌に触れる、また楽しかった記憶を思い出すだけでも嫌なことを忘れるのでセロトニン増加◎
⑤トリプトファンを含む食品を食べる
 バナナや乳製品、大豆製品、赤身の魚、肉類などを多く摂取することでトリプトファン(必須アミノ酸)増↑

これらの方法をできるだけ長期間継続することで、セロトニンを増やす効果が期待できます。皆さんの幸せホルモンが増えますように…

参考文献:市田商店HPより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA