熱中症対策のカギは朝食にあり

暑いですね~、一日に何回もこの言葉を使っている気がします。
今年の暑さは異常ですね。毎日熱中症による死亡のニュースを見ている気がします。

熱中症対策みなさんされていますか??
クーラーつけたり、塩をなめたり・・・それぞれされているかと思います。

特に気を付けなければならないのは10時~12時の時間帯だそうです。
この時間帯の死亡事故が一番多いというデータがあります。
寝ている間に大人では700mlの水分が奪われいるため、起きたときには脱水状態になっています。
その時に、食欲がないとかで朝食をなにもとらずに出かけてしまうのは身体の水分タンクが空のまま
活動するという事なので、とても危険です。

水分だけとればいいのではないか?と思われるかもしれませんが、汗は水分だけでなく、体内の塩分や鉄分なども
大量に失われているため、水分をとっていても脱水症状になってしまうそうです。

そこでおすすめなのが、朝食に「お味噌汁」をとることです。
味噌汁は塩分だけでなく、具材から溶け出したビタミンやミネラルまで補給できます。

まだ7月中旬、暑さはまだまだ続きそうです。

たんぽぽ鍼灸院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA