赤ちゃんがやって来たお話(その4)

今朝、Pさんからお電話を頂きました。
「先生、薄い妊娠反応が出たので、来週に病院へ行ってきます」
Pさんのお話を聞いて、2年ほど前の八月ことを思い出しました。
自然に妊娠がしたいということでお越しになっていたQさん、以前の不妊治療で生理の周期がバラバラになっているのです。
「周期が順調になれば妊娠できるかも」との本人の思いで治療をしていました。
随分と改善はしていたのですが、今回はなかなか生理がきてくれません。こんなに長くあいだが空くのも珍しいのですが、最後の生理から待つこと待つこと五十数日経ちました。でも病院へ行ってホルモン療法はもうしたくはないと当院を頼ってみえているのです。

ところがその日の反応は違っていました。FTで診断すると妊娠直後のようなのです。私も「きっと誤審だ」と思いましたが、一応Qさんに「もしかすると随分と初期のようですが、妊娠しているかもしてませんよ」と告げました。
当然にQさんにすれば長い間、生理も来ていないのに妊娠はないとお思いでしたが、翌日に自分で検査してみると本当に薄く反応があるのです。それで病院へお行きになって正式に検査したところ、やはり妊娠初期ということで2週間後に再検査へ行くことになったと連絡を頂いた次第です。
それから順調に出産まで定期的にお越しになりました。

このことは私に人の体の不思議さをまざまざと体験させてくれました。
やはり人の体は工場ではないのですね。
Qさんの場合、最終生理から考えてもその後、無月経排卵が行われそして妊娠されたとしか考えられません。タイミング法などと下手なことを考えずに夫婦が仲良くしていればやはりちゃんと神様は考えているのですね。
最初にお話ししたPさんは、Qさんと似ていらっして生理がとても不純で、病院では「もうすぐ閉経だ」と言われているのです。でもお子さんが欲しくて女子力を上げにお越しになっているのです。

先月初めにお越しの際、「前回の治療後に生理が来ました」と言って嬉しそうでした。ところが昨日には、「まだ生理が来ません」と寂しそうなのです。
FTで診断すると全く異常はないのですが、体の動きの数字が合わないのです。
つまり反応が妊娠直後だと出るんです。

それで、まず全身の調整から初めて、体のバランスが整ったところで再度FT診を試みました。やっぱりです。妊娠直後だと出るのです。
Pさんに再度その旨、「間違いかもしれませんが、私には、妊娠直後のように思えます」と告げました。
「まだ生理も来ていないのですよ」とのお言葉ですが、帰りがけ、「今度はいつ参りましょうか?」とお尋ねになります。
「体は整っているはずですので、生理が来たらお電話ください。それから次回を決めましょう」とお応えしました。

冒頭のお電話はその翌日のことです。
本当に人の体とは不思議だらけですね。

仲良きことは 美しきかな・・・実篤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA