よだれツワリを考える

つわりの症状には、大きく分けて二つあります。
一つは、典型的なツワリで、胸で吐き気や気持ち悪さを訴えるタイプで、もう一つは唾液の分泌過多の症状が気持ち悪さを生じるタイプです。さらに、それぞれのタイプに胃の調子があまり思わしくない方は、その症状がそれぞれに加わります。

ところで、ツワリのない方もいらっしゃいますが、ツワリがないのではなく、ツワリの出方が別の方向、例えば、前まで嫌いだったものが急に好きなったり、やたらと過食になったなど嗜好の変化として出てきたりしているのです。また、やたらと眠かったりする方もいます。
つまり、ツワリは妊娠初期の妊娠に対する一種のアレルギー反応だと思われまので、必ずどんな形にしろツワリはあるのです。
さて話を元に戻しますと、二つのタイプの大きく異なる点は、その症状の出ている期間の長さにあります。

初めのタイプは、妊娠7〜8週から始まり、症状の強い弱いはありますが、だいたい15〜6週で終ります。治療の効果も出やすく、先人の知恵によるツボ療法やお灸、漢方薬などがよく効きます。たんぽぽ鍼灸院やわたげでの臨床例では、ほぼ2〜3回の治療でツワリの程度が気にならないほどに落ちてしまいます。誤差は、症状の強い弱いによります。

しかし、後のタイプのよだれツワリは違います。始まりは同じですが、安定期の15〜6週になったからといってツワリは終わりません。
現在、このタイプの方をお二人治療中ですが、お二人とも色々な諸事情で、連続治療ができません。お一人が9週目でもうお一人が17週目です。9週目の方は、初めてのお子さんで3度治療しました。治療すると軽くはなりますが、治療間隔が開くとまた症状が少し戻ってきます。ただ症状は少しずつ軽減していますので、あと1〜2回の治療が必要でしょう。
17週目の方は、お二人のお子さんです。初めのお子さんの時も出産まで続いたそうでが、今回はとても耐えられないということで、治療にみえています。やはり連続治療ができないので、症状の改善がゆっくりですが、現在4回の治療が終了しました。いつもお帰りになる時は、さっぱりとしたご様子になられるのですが、治療の間隔が開くとやはり症状が先に少し戻ります。
お二人とも単純なよだれツワリと胃酸過多の症状を妊娠の前からお持ちのようで、溢れる唾液と胃のムカムカの吐き気のダブル症状をより辛く出していました。でも確実に治療を行えば、症状は確実に改善します。
ツワリで参っているのは奥さんですが、ご主人も同じように参っています。また、上のお子さんもお母さんを心配しています。
ですから、ご主人がいち早く手を差し伸べて上げるのが一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA