妊娠への経緯~30代患者さんの声~

患者さんの体験記をいただき、公開の了解を得ましたので、掲載します。
不妊でお悩みの方に参考になれば嬉しいです。

私は、一人目の子を半年ほど病院のタイミング療法の治療に通って、授かりました。
当時は24歳だったので、不妊治療がどんな物かも知らないままでした。
赤ちゃんは授かるのが当たり前という考えだったので、不妊治療はこんなものなんだろうなという考えでした。

その後、子供が生まれて、2年ほどしてから2人目を授かりたいと思い、
また病院にタイミング治療に通いました。

でも、一年間たっても授からず。
何で?何で?
意味がわからない!
という気持ちでした。
まだ授かるのが当たり前と思っていました。
当たり前の事ができないなんて、何て私はダメな人間なんだと毎日思っていました。
生理が来る直前は、
どうせまた生理が来るんじゃないか。どうせ赤ちゃん来ないんじゃないか。
私は授からないんじゃないか。

でも来て欲しいな、、、。

という考えがぐるぐる頭を周り、
そして生理がきては1日暗い気持ちで泣いている。
そしてまた次の生理までの一ヶ月が始まる。

赤ちゃんを授かる為だけに生きていました。

そして、お友達と体づくりについて話している時に偶然、鍼灸治療というものを知りました。
近所で探してみると、たんぽぽ鍼灸院を見つけました。
そこで、院長先生とゆか先生に出会いました。
私は鍼灸治療を受けたり、カウンセリングを受けたり、受けるのを休んだり、
そうしてる間に、薬を飲まないと来なかった生理が、自分だけの力で来るようになっていました。

でも、私はまだ授からないまだ授からないと考えていたので、
そんな自分の変化にもあまり気づいていませんでした。
何も変わってない。
そう思っていました。

ただ赤ちゃんを授かりたい。

それだけの為に何で私はこんなに苦しまないといけないのか。
どうして、と考えても答えが出ず、もやもやした日が続きました。

それから病院や鍼灸の治療を受けたり休んだりして2年が過ぎました。
その間にカウンセリングの勉強も始めました。

2人目の子を授かりたいと思ってから3年が過ぎていました。

ちょうどその頃カウンセリングの勉強がひと段落し、
私は自分の力を信じてもう一度治療を受けてみようと、決めました。

その時に院長先生に言われた一言に、私は1番心を動かされました。

赤ちゃんを授かりたい。
でも、人生それだけじゃないでしょ。

と。

あ!
そうだ!確かに!

私はこの3年間、自分の人生を生きてなかった!
赤ちゃんを授かる為だけの人生を生きてた!

それから、自分の人生を生きようと思いました。
主役は赤ちゃんじゃない、自分だと思いました。
そう思ったら、この3年間で一番楽な気持ちで毎日を過ごせました。

それから5月に、タイミング療法でタイミングを逃しました。
鍼灸治療も受けていたので、
病院の先生が考えていたより早く、
排卵させる薬も飲んでないのに
排卵していました。

病院の先生は、残念だけど、また次に生理が来たら連絡してね。
もう受精するには間に合わないし、
その前の性交もタイミング合ってなさそうだから
次の生理までは何もしなくていいよ。

私は、腹が立ちました。
合ってない?
私の一ヶ月が無駄になったじゃないか、と。
でも、あ、まてよ、と思いました。
ということは、
いつもはやらないように気をつけてた事、全部やっていいんだ!と思いました。

足を冷やさない方がいいけど、
川に入って子供と足を冷やして遊びました。
自転車にたくさん乗って、いろんなところに行きました。
お友達と出かけてたくさん話したりして笑いました。
家族でお出かけして美味しいものを食べました。
そして、生理が来るという事を忘れていました。

そうしたら、タイミングが合っていないと言われたけれど、
何故か赤ちゃんがお腹に来てくれていました。

その二週間、生理が来るのを忘れて
自分の人生を生きていたと思います。

これが大切なんだろうなと思いました。

赤ちゃんを授かりたい。
でもそれだけにこだわって、それだけの為に生きていたら、
どんどん苦しくなる。

私が私らしく
毎日楽に気分良く過ごす、
それがとても大事だと思いました。

赤ちゃんを授かりたいけど、
赤ちゃんが授かるかどうかは誰にもわからないし、
授からなくても私が悪いわけじゃない、それは待つしかできないものだというのもわかりました。

どこかで、自分がコントロールできる気がしていました。
私が頑張れば授かると思っているところもありました。
でもそれは違うとわかりました。

そこに辿り着くまでに時間はかかったけれども、周りのたくさんの人達に助けてもらい、気づかせてもらいながら
今の自分になれた事がとても嬉しいです。

たとえあの時に赤ちゃんが授からなくても、そういう自分になれた事で十分だと思えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA