心理のお部屋 ~サイコパスとは?~ (由香)

サイコパスという精神病質を聞かれたことがあるでしょうか。脳の器質に問題があり、生まれつきのものらしいですが、どんな特徴があるのか、私がお勉強したことを少しご紹介したいと思います。

【社会的異常性の面として】
*衝動的ー自分の満足のために行動する
*行動をコントロールすることが苦手ーやってはいけないこと感覚の欠如、短期だけど何事もなかったかのように割とすぐひく
*興奮がないとやっていけないーいつも興奮がないとやっていけない感覚
*責任感の欠如ー約束やルールを破ることに何の罪もの意識もない(支払命令・執刀命令など)
*幼い頃の問題行動ーどんなに良い環境でも11~12才までには必ず問題行動が出てくる
*成人してからの反社会的行動ー犯罪など

【感情や対人関係の面として】
*口達者で皮相的(うわべ)ーぬかりのない機転がきく
*自己中心的で傲慢ー自分は重要な存在、自分のルール
*良心の呵責や罪悪感の欠如ー申し訳ないと思わない
*共感能力の欠如ー被害者の気持ちが分からない
*ずるくごまかしが上手いー見破られないうそをつく
*浅い感情ー感情は表現しているだけ、感じていない
見た目の特徴は、抜け目がなく機敏に働く頭・人を楽しませる口のきき方・とびぬけた魅力があります。

ひと昔前の映画で「羊たちの沈黙」をご覧になった方はイメージがつきやすいかと思います。
最初にお伝えしたように、脳の異常で治療法はないらしく、行政と病院と保護者で完全に監視する生活環境を生涯整える方法しかないようです。

また現状の日本ではサイコパスを診断できる専門家が居ないらしいのです。心理テストをすり抜けられる能力があるので、偽ることが容易らしいのです。テストをする側はそれを見破る能力をつける必要がいるとのこと。アメリカの専門家は、相当のトレーニングで養成されるそうです。

世の中に、実際にサイコパスを患っている人たちはどの程度おられるのか気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA