コロナ禍による長期化ストレスで自律神経系の症状が増えておられます

まだまだ暑い9月が続きそうですが、お元気にお過ごしでしょうか?

来院の患者様には、日頃より手洗い・マスク・消毒・検温のご協力を頂きありがとうございます。
おかげさまで、たんぽぽ鍼灸院は安全な環境を維持することが出来ています。
引き続き、気を緩めず当院のオリジナルガイドラインに沿って予防対策を実施してまいりますので、安心してご利用ください。

さて、先月は【眠れない、無気力、倦怠感、気分がすぐれない、肩こり…】など様々な自律神経系の症状を訴えられる患者様が多くお見えになりました。
以前みたいな外出が出来ない、旅行も行けない、離れた家族と会えない、入院生活は面会できない…などいろんな声が聞こえてきました。
ジワジワをそういった生活の中に疲れがでてストレス反応の疲弊期から、身体症状が起きてきているようです。
我慢を強いられると体は反応するようになっています。

たんぽぽ鍼灸院では、そういった患者様の全身の気の流れを整える治療から始めます。
気の流れ道である【経絡】が詰まっていたり、鈍くなっていることがあります。血流と同じようなイメージですね。
12本の気の出入り口は手足の指先になりますので、主に手足の治療点を使ってバランスが整うまでゆったりと待ちます。
またお灸も効果的で、治療点に小さなつまようじの先ほどのひねりモグサでツンツンとした刺激が心地よく体を整えてくれます。

東洋医学は痛みを取ること以外でもその効果を発揮してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA