うつ症状の心理カウンセリング

季節の変わり目のなかでも、特に春は環境や状況の変化がある方も多いのではないでしょうか。

例えば、新学期。部署の移動。職場の環境。お引越し…

あらたな環境は、心身ともに適応することにいつも以上にエネルギーを使います。
気が張り詰める毎日のなかで、順応していくことも大きなストレスが無意識に溜まっていきます。

ふと気が付くと、うつっぽい症状が出てくることはありませんか。

朝起きるのがきつい
体が重い
目覚めがスッキリしない
やる気がでない
考えがまとまらない
食欲不振
不安感が強い

など様々な症状が出てきやすくなります。

そういう時におススメなのが「感情処理法」です。
私たちは大人になるにつれて、ついネガティブな感情を頭でコントロールすることが上手になってきます。
ですが、心はちゃんと感じているのです。
無意識に蓄積された不快な感情。
これらをスッキリと出すワークのカウンセリングは、うつ症状を軽減してくれます。
そして頑張りすぎていることにブレーキをかけるコントロールができるようになります。

1回のカウンセリングだけでもずいぶんと気持ちが楽になるはずです。

薬院のたんぽぽのわたげでは、クライアントさんの「すっきりしました~」の支援をさせていただいています。

しのはら由香

KEI_1778

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA