ネッシン健康法@たんぽぽ鍼灸院

猛暑が続いてます…
お疲れや熱中症などの対策は大丈夫でしょうか。
西日本豪雨による被災地では、いまもなお大変な日々を過ごされておられるようで、様々な「支援」のSOSが出ています。
当院の患者さまのご実家もおうちが半壊しているようで、そちらの家族をご自宅にて避難生活の毎日だそうです。
お話を聞いていると、残された半壊のおうちの様子など現実的な困難な状況がリアルに想像できます。

あらためて日々の生活がいつものように過ごせることが幸せかを実感します。
毎日、身近な大切な人に感謝する気持ちを言葉に表現する余裕があると良いですね。

そんななか昨日は、ネッシン健康法7月のセミナーが開催されました。
熱中症や夏風邪の治療法をお伝えし実践してもらう内容でお届けしました。
初めての参加者は東洋医学の専門用語だけで難しく感じるものですが、ご家族のあかちゃんのためにセルフケアできるように頑張っておられました。
個別指導のフォローで支援していくことをお伝えしました。
ネッシン療法は、東洋医学の理論に基づいて、ネッシン棒で皮膚上を擦ったり、線を書くように動かすだけです。
やっていることはとても簡単です。どこにどのように施すのかが指導が必要になります。
資格がなく、だれにでも、どこででも利用できます。
大切なことは、「気」の存在を信じることです。目に見えないけれど気の通り道があることを信じておられる方は上手にこなすことができる技法です。

次回のネッシン健康法は、9月17日(祝日)午後2時から90分。
なお、8月はお盆休みがありますのでスキップとなります。

ご興味がおありの方は、一度体験してみてください。

お薬を飲む前に

身体の調子が悪い時、まずどうしますか??

「病院に行く」 

確かに病院に行って、検査してもらうことは大切です。
ただ、お薬を飲んであとは何もしていない、という方が多いのではないでしょうか。
お薬は、症状を抑えることはできても、根本を治療するのは難しいです。
慢性病の場合、根本を治療しないと一旦よくなってもまた症状が出てきます。

根本治療は、東洋医学の得意分野です。

寝れないから導入剤を飲む 頭が痛いから鎮痛剤を飲む 鼻炎があるから抗ヒスタミン剤を飲む・・・

緊急の時はお薬に頼っていいと思いますが、ずっとお薬を飲むと副作用の心配も出てきます。
そこに東洋医学のパワーをプラスすると、ぐんと身体がいいほうへと変わります。
身体は一つしかありません。大切にしてあげてくださいね。

たんぽぽ鍼灸院

夏の健康法講座

みなさん、如何お過ごしですか。

福岡は台風に豪雨に猛暑と大変な夏になりました。
本日が7月13日ですので普段の梅雨より明けが早いようです。
博多の街は「山笠」で一色にです。
楽しくもありますが、この暑さ、どうなる事やら・・・

さて、この夏の特徴は「熱中症」と言われていますが、
私は、それに「風邪」が蔓延しているように思います。

いまどき「風邪?」と思うでしょうが要注意です。
症状があまり酷くなく、「熱中症」と間違えやすいのです。

そこで、対策としてネッシンを利用しませんか?
急なご案内で申し訳ありませんが・・・
この16日(月曜、海の日)に「ネッシン健康法」を開催します。
内容は、夏の健康法です。
熱中症と風邪対策に、ネッシンやお灸、食事療法、漢方薬の選び方など。
みなさんの個別テーマも👌🏻です。
時間は午後2時より約90分です。
参加費に3,240円が必要です。

これで、元気にこの夏を乗り切りましょう。

真夏の健康クライシス:夏至と東洋医学の知恵

皆さん、日々どのようにお過ごしですか?

6月21日(木曜日)は夏至でした。
夏至は夏のど真ん中で、一年で一番「気」が強い日なのです。
この時分には強い気に当たり、健康状態が不安定になり易いのです。
つまり、体調を一番悪くし易い時期なのです。
この日を中心に前後の2週間は特に健康に気をつけましょう。

食欲が落ちていると思う方は、緊急事態です。
栄養ドリンクを飲んでくださいね。
気をつけないと低血糖状態になります。
急な発汗と血圧低下による意識障害が発生します。
下手をすると命取りの危険もあるのです。

倦怠感が強く睡眠が不足しているときは、麦茶やはと麦茶、人によりグリーンティーがいいですね。
水分とそれに含まれている苦味や甘さが体調を整えます。
熱中症の危険があるのです。

また、朝晩の気温差は風邪に要注意です。
すぐにたんぽぽにご連絡ください。
適切なおすすめ漢方薬をお探しします。
この時期は状況を甘くみず、早めの対応をしてください。

ライン@を始めました

世の中、ドンドン進みます。
たんぽぽもライン@と言うものを採用してみました。
ラインをされている方、是非にご参加下さい。
当院で世の中に一番遅れている私、院長、が説明を受けてそれは良いと思いましたね。

まず不定期ですが、私の健康小話が無料で読める事。
これはなかなか無い事ですよ。
たんぽぽをご存知の方ならではのお話です。

二番目はたんぽぽの現在の情報が手に入る事です。
例えば、6月は「たんぽぽ鍼灸院の創業祭」です。
と言うことは、日頃からご利用の皆さんへ細やかなお礼があります。

もう一つ、情報はたんぽぽからだけの一方通行ではなくみなさんからもたんぽぽへ発信して頂けます。
だってみなさん私の家族みたいなもんです。
急な時のたんぽぽ頼みでしょう。
遠隔診断でみなさんのご家庭で応急処置が何かできるはずです。

その他いろいろあるのですが、何せスマホ音痴の私は千夏先生に聞かないとまだよく理解していないのです。
それではたんぽぽにお越しの際は、必ず(そう言えと周りに言われました)登録して下さい。
そして千夏先生に「何ができると」と聞いて下さい。
では、

院長

勉強会、いよいよ四月十五日に開講、若干の空席あり

やむなく欠席される方へ、DVDでの補講が可能となりました。
貸出し期間は約1週間ですが、「助かる」、「便利になった」とのお言葉も頂きました。

今年度から陰陽五行に基づいた東洋占星術である「算命学」の講座も始まります。
また、「FT講習」と「東洋医学入門」が一つの講座へ編成されました。ご注意ください。

4月15日(日曜日)の講座は「FTと東洋医学入門」、「算命学」、「東洋医学臨床」です。
「東洋医学応用」は4月22日、日曜日、が講座の初日です。

詳しくは、このホームページの勉強会の欄をご覧ください。
また、ご質問の場合、たんぽぽ鍼灸院内の勉強会事務局へお電話ください。
☎️ 092-561-8014

そばの実HOTピロー期間限定カラー【navy gray】販売中@たんぽぽハウス

みなさま、お待たせいたしました!
 
 

 
 
 
そばの実HOTピロー☆期間限定カラー@たんぽぽハウス 』で、
ゆか先生が予告していた ネイビーグレー のホットピロー販売中です!
  

 
 
 
ゆか先生、肩こりとたたかいながらの作製お疲れ様でした ˶˙º̬˙˶
ぜひ、ホットピローであたたまってください ꙰ .·˖*
 
 
 
限定カラーはたんぽぽハウス店頭ではもちろん、
コチラ【STORES.jp】 からも購入可能です。
 
 
 
ホットピロー はちょっとしたプレゼントにも喜ばれると
嬉しいお言葉を皆様からいただきます↟⍋
 
私も一足早いけど、自分に限定カラーのホットピローを
プレゼントしてしまおうと企んでおります( ´⚰︎` )♡
 
 
クリスマスプレゼントに困ったら
冬の相棒【ホットピロー】がおススメです ♡̷
 
 
 
鍼灸師 宇田千夏

 

 
 
定番タイプ ◎ ロング 【14×46】


 
限定サイズ 【22×24】

ものは使い方しだい・・・赤ちゃんの鼻づまり

現在では使ってはいけない言葉かもしれませんが、
「バカとハサミは使いよう」
ということわざがあります。
今回の私のお話がこの言葉に関係するのかどうか、ちょっと疑問でしたが、
でも、私の頭にこの言葉がふーーッと浮かんだのです。

私がこの頃、とみに感心することがあります。
私がオススメする良いものを「たんぽぽハウス」で皆さんにご紹介しています。

そして、私がオススメするにはその使い方や場面があるのです。
ところが、実際にお使いになる時、インスピレーションが働くのでしょうね。
予想もしない使い方をされて、効果というか結果を出されているので、ご紹介します。

色々あるうち、今回、ご紹介するのは、ラヴェンダー・オイルです。

仮にSさんとしますと、
たんぽぽハウスがご紹介するものは、虫刺されやかゆみ止め、腰痛、頭髪の白髪予防なのです。
これでも面白いでしょう。

ところが、Sさん、お孫さんの鼻づまりに効果があると、ご紹介いただきました。
小さなお子様(赤ちゃん)の鼻づまりは授乳中のトラブルを生じて、お母様が難儀をされているとのことでした。
それで、後頭部から首筋、背中に「スーっと」塗ってあげたら、
赤ちゃんの鼻づまりが取れて、授乳中のお母さんも香りでとても癒されていいそうです。
ちょっとした裏技テクニックですね。

しかし、Sさんのインスピレーションはすごいものです。

ところで、お使いになったラヴェンダー・オイルはちょっと特殊なもので、
決して高価ではないのですが、非常に稀な種類のハーブ・オイルです。
フランス政府公認の医療用なのです。

シャトー・デュボワー社の純正ラヴェンダー・オイルと言います。

みなさん、効果がすごいですね。

妊娠中のトラブル・・・切迫流産の危機

妊娠中のトラブルは神様が与えた試練と言う方がいます。
例えば、流産です。

「この子は生まれたとしても育たないと神様が判断したんだよ」という言葉があります。

深く悲しんでいるご夫妻を慰める言葉としてあるのでしょう。
言った方がそれを本当に信じているかは別としてです。

でも、なによりも流産の予防が大切なのです。

そうなんです、流産はかなりのところ予防ができるのです。
神様は、自分たちがやらなければならないことはやれと仰るでしょう。
万策尽きたら、神様にすがるのです。

私たち東洋医学に関わっていると、「先人たちの知恵」に頼る機会が多くあります。
流産もそのケースです。

妊娠時の子宮頚管の長さが足りなくなって、妊娠維持に危険信号が点ります。
まさに、一種の流産の危機です。
こういった時にも、活躍します。

流産しやすそうな状態のとき、カラダの冷えとともに、お腹が張ります。

予防の第一は、カラダの芯の冷えを取ることです。
具体的には、カラダを暖める旬の食べ物を摂ることでしょうね。

そして、お腹の張りには、足や腰にお灸をするのもいいのです。

でも、まず一度、たんぽぽへお越しください。
その方にあった、予防法をお教えします。

指つかみ

ちょっとした気分の落ち込みや悲しみ、怒り、、といった感情は人間なら誰しもあると思います。
東洋医学はからだの健康はもちろん、心や感情のバランスがとれている状態をとても大事にしています。
全ての事象やものごとを木・火・土・金・水の5つに分類している五行色体表があります。
その中に「五志」という感情についての項目もきちんとあり、
木 火 土 金 水
肝 心 脾 肺 腎
怒 喜 思 悲・憂 恐・驚
(☝「色体表」「五行色体表」と検索すると出てきます)
このように感情も過ぎると内側からからだを傷つけてしまうと昔の人たちは知っていたのです。
実は、この五行を5本の指に当てはめてそれぞれ違った役割を持ち、簡単な感情コントロールやセルフケアを行えます。
親指:不安・心配(胃・脾)
 うつ傾向 不安 自己防衛 疲労感 消化時の不快感
人差し指:恐怖(膀胱・腎臓)
 気弱 欲求不満 完璧主義 批判 排除
中指:血気・怒り(肝臓・胆のう)
 イライラ 臆病 優柔不断 情緒不安定 不注意
薬指:悲哀(肺・大腸)
 ネガティブ 常識の欠如 耳の不快感
小指:心労(心臓・小腸)
 神経質 混乱 不安定 膨満感 吐き気
掌:どの指にも当てはまらない感情や、症状に困ったとき

やり方はとても簡単で、トラブルに対応した指を反対の手で余計な力は入れず、そっとはさむようにつかみ、そのまま2~3分キープするだけです。
手のひらを押すときも力は必要ありません。強く押すのではなく、軽く抑える程度でOK!必要なのは自分の両手だけ!
毎日のストレスケアにぜひ活用してみてください(`・ω・´)
参考 >>> http://kenko-waza.com/?p=4190

鍼灸師 宇田千夏