NEW★体験講座は定員を10→5名の縮小で実施します

政府の緊急事態宣言に伴い、予告していました勉強会を縮小して、安全を確保した状態で予定通り実施します。

ただし、
●受講者同士と講師の距離を保っての実施します
●前日に、体調と出欠の確認を行います

これらを踏まえた上で、ご参加希望の方はご連絡ください。
4月7日現在で若干ですが、お席はまだございます。電話にてご確認ください。☎092‐561‐8014

尚、6月からの定例勉強会も予定通りですが、5月6日の福岡市の感染者状況に応じて、定員数の縮小版や1か月の延期より開講などの再考予定です。

2020年度 体験講座 ご案内

●4月19日(日):たんぽぽ鍼灸院
10:00~:算命学入門(1)・・・算命学では何が分かるんですか、あなたの生年月日で占います(2時間)
14:00~:東洋医学のお話(1)・・・不思議な気のお話、ネッシンのデモ、気功とは(2時間)
●5月17日(日):たんぽぽ鍼灸院
10:00~:算命学基礎(2)・・・あなたの命式から宿命と現在・未来を読みます(2時間)
14:00~:東洋医学のお話(2)・・・お灸体験、指圧の仕方、漢方薬の選択法など(2時間)

●参加費3300円
●定員:各クラス先着5名まで

ご興味のある方は、ご連絡お待ちしております。

先人の知恵に学ぶ会事務局 福岡市南区長住2‐22‐31   092(561)8014

NEW★たんぽぽ鍼灸院は通常どおり営業します

昨夜の緊急事態宣言に伴い、当院でも5月6日までの営業や業務対策を行います。

たんぽぽ鍼灸院での治療は「医療サービス」の枠に該当すると考えています。
当院での治療を受けることが、不要不急の外出にあたるかどうかは、
「患者さまの判断に任せる」
という見解で通常どおり営業をすることに決めました。
ただし、以下の点を踏まえてとなります。

●患者さまにおいて
1、予約時に症状の確認をします(コロナが疑われる方には来院をご遠慮いただきます)
2、来院の際には、手洗いと消毒、マスクの着用をお願いします
3、待合室では複数の方と距離を保ちます(治療ベッドにて、診察券やお会計の対応を行う)
4、来院が不安な方や、当院の判断で来院を見合わせてもらう場合の方へは遠隔診断とセルフケアをお勧めします

●院内において
1、毎朝、スタッフ全員で院内や治療具の消毒をします
2、スタッフ間の距離を保って業務を行います
3、治療に使用するタオル類は毎日洗濯をして取り替えます
4、治療が終わった方の清掃時のベッドは毎回消毒をします
5、手洗いの洗面では、ペーパータオルの利用に変えます

●スタッフにおいて
1、ユニフォームは毎日着替えます
2、1か月間は、不要不急の外出は控え自粛します
3、自転車通勤を心掛け、できるだけバスの利用を控えます
4、帰宅直後には、入浴やシャワーなどで洗髪や身体を清めます
5、体調管理には十分気を付け、自己管理の意識を高めます

以上、4月7日時点より実施し、2週間後に上記の内容を再考し、見直しや追加が必要な場合は改めます。
皆様が安心安全に過ごせるよう「うつさない・うつらない」状況を遂行したいと考えています。

たんぽぽ鍼灸院 
スタッフ一同

勉強会体験講座の申し込み受付が開始しました

2020年度 体験講座 ご案内

●4月19日(日):たんぽぽ鍼灸院
10:00~:算命学入門(1)・・・算命学では何が分かるんですか、あなたの生年月日で占います(2時間)
14:00~:東洋医学のお話(1)・・・不思議な気のお話、ネッシンのデモ、気功とは(2時間)
●5月17日(日):たんぽぽ鍼灸院
10:00~:算命学基礎(2)・・・あなたの命式から宿命と現在・未来を読みます(2時間)
14:00~:東洋医学のお話(2)・・・お灸体験、指圧の仕方、漢方薬の選択法など(2時間)

●参加費3300円
●定員:各クラス先着10名まで

ご興味のある方は、ご連絡お待ちしております。

先人の知恵に学ぶ会事務局 福岡市南区長住2‐22‐31   092(561)8014

2020年4月からの休診日が変わります

●従来の休診日*木曜日と水曜日午後
4月より→木曜日と日曜日、第3水曜日
診療時間の追加*水曜日は終日18時まで受付

今後も院長の高質な治療を維持できるように新年度の4月より上記の診療日時に変更する運びになりました。
皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

9月キャンペーンは、お9(灸)プレゼント&オリジナルツボ療法ブック

秋の気配を感じる今日この頃です。
近年では、マクドナルドの月見バーガーやコンビニのおでんが始まると秋を感じる方が増えているようです。
時代とともに秋の気配も様々ですね。

さて9月はお灸月間の企画を行っています。
来院される際に受付にてお声かけてください。

鍼灸治療が合う人とは…

8月もそろそろ終盤。
今年の夏は、去年と比較するといくらか過ごしやすいと感じている今日この頃です。

たんぽぽ鍼灸院では、さまざまな患者さまが来院されてきます。
また「鍼灸治療が合うか、合わないか」とよく耳にします。
何がそうさせているのか、ずっと気になっていました。
人によって合うとか合わないをどうやって判断したら良いのか。

きっと、気を信じるか信じないかの違いだと思っています。

東洋医学は気の医学。鍼やお灸が治すのではなく、患者さまの気が整っていくことで治療効果が表れるようです。
気が整うといっても目に見えるものではなく、治療者の主観になってしまうところがあるので怪しく思われがちです。
ですが、明らかに言えるのは、「気の存在を信じられない」方には理解しにくいので、治療効果を実感しがたいようです。

もっと簡単にいうと、理論的タイプと感覚タイプのどちらか。
気は感じるもの。頭で考えるものではありません。
なので、感覚タイプの方が治療効果も優位ですね。

たんぽぽ鍼灸院は0歳の可愛い患者さんからお見えになりますが、ちびっ子の治療効果は治療者もびっくりするくらいに早いものです。
本人は無意識だと思いますが、気を受け入れてくれます。だからかなり弱い刺激でも十分に治療効果を発揮してくれています。
例えば、お灸をしなくてもお灸に使用するもぐさを小さく丸めてツボに貼るだけのツボ療法です。
体はきちんと治りたい方向にスイッチを入れ、自然治癒力が発揮されるのでしょうね。
抗えない素晴らしい体の本能です。
体は健康を求めていることがよく分かります。

大人は、頭を使うことが増えてきますから、生活そのものが頭に力を入れがちです。
時に、体はそれを嫌います。力を抜く。頭の力を抜く。この大切さを教えてくれることがあります。

適度に力を抜いて過ごして、体感を意識するライススタイルをつくれると良いですね。

新年度の勉強会、いよいよ開始一週間前になりました。

三月に前年度の勉強会が終了して、しばしの休憩でした。
みなさん、休養は十分ですか?
ところで継続の皆さん、少しは勉強していましたか?
何事も継続がいちばんのチカラです。

さて、新たに参加される方、今、ちょっとドキドキかも。
でも、当会の講座は楽しくがモットーです。
気軽に楽しく学びましょう。

「東洋医学研究」講座では、東洋医学の基礎と「気」を感知するFT、それにバリバリ役に立つ臨床(つまり、ツボなどの選び方と使い方)を勉強します。
特に臨床では、簡単ですがよく効く腰痛の治し方や花粉症の対応など10回分の臨床を用意しています。
きっと気に入ってくれると思います。

「算命学初級〜中級」講座では、最初にいかにあなたの過去を算命学が言い当てているかを学びます。
誕生日が正確であれば、みなさんびっくりします。
いろんな見方があるのです。周りの人にも試してみて下さい。
次に将来を見てみます。
鑑定(出てきた結果)を読んで、良いことも悪いことも知って、それを開運へ導くのです。
算命学の良いところは将来への対応策があるところです。

では、当日、お待ちしていますよ。
ps:受講できない日の補講の代わりにDVD補講を用意しています。

篠原 龍彦
講師(たんぽぽ鍼灸院 院長)

もうすぐ始まる「東洋医学研究」の詳しい講座スケジュールです。

今年の「東洋医学研究」は、3時間の講座です。
各回の講座編成は、
1 基礎知識の確認(60分)
2 「気」とFT技術の習得と習熟練習(60分)
3 たんぽぽ鍼灸院の特殊治療の臨床解説と実習(60分)

各回の詳細
東洋医学研究シラバス

新年度、令和元年の「東洋医学研究」と「算命学」の講座がいよいよ始まります。

さあ、いよいよ六月から今年度の講座がスタートです!!!
これから10ヶ月のお勉強です。
定例開催日は、毎月第三日曜日ですよ、お間違いなく。
まだ、申し込みをしていないあなた、急いでください。

そして今年は講座を二つ用意しました。
「算命学」と「東洋医学研究」です。
申し込みは、メールまたはファックスにて申し込みシートをお送りください。
お電話でのご予約も受け付けます。
開講はもうすぐです。お急ぎください。
受講料の学生分割もご相談ください。
また、算命学と東洋医学研究の同時受講の場合、割引もあります。ご相談ください。

まずは、算命学(初級・中級)の説明です。
開講:6月より毎月1回、年間10回、第3日曜、午前10時より12時半まで
受講料:40,000円(プラス消費税)
テキスト:「基礎からわかる算命学の完全独習」(有川茜著、日本文芸社)、その他のプリント等は無償です。

学習内容:この講座において1年間で学ぶ内容です。
 1. 陽占編 基本技+特殊組合わせ (目的:相性)
 2. 陰占編
   基本技(守護神法、健康運、特殊命式、位相法)
   干合法
   合法 (支合、方三位、会局、大半会など)
   散法 (刑、害、対冲、天剋地冲など)
   天中殺法
 3. 鑑定実技(毎回、簡単な例やご自身の鑑定を行います)
定員:15名

算命学とは、東洋自然科学の基本である陰陽五行理論を使って、私たちを取り巻き影響を与える「気」を読み解きます。
生まれながらに持つ「先天の気」と後からやて来る「後天の気」を読み解いて私たちの宿命と運命を解読します。
算命学でご自身の過去を見てみると、しっかりと言い当てていますよ。そうすると現在と将来も当たる可能性が高くなります。
しかし、算命学を学ぶ最も重要なポイントは、良い運気はどのように知って効果的に使うか、悪い運気はどうやって回避して行くかなのです。
勉強するにあたっての関門は、馴染みのない専門用語を覚えることです。一方、理論は至って簡単なものです。
みんなで口に出して、楽しく勉強しましょう。

東洋医学研究。
開講:6月より毎月1回、年間10回、第3日曜、午後2時より5時まで
講習料:48,000円(プラス消費税)
テキスト:配布(各自ファイラーをご用意ください)
学習内容は初心者も参加できるように構成されています。
1. 基礎編(約1時間) ・陰陽論
・五行論
・臓腑経絡論
・邪気論
・気を読む
2. FT研究と実技(約1時間)
3. たんぽぽ鍼灸院での季節の臨床実習
4. 先人の経験発表と質疑(不定期)
定員:15名

東洋医学研究では、プロの鍼灸師からご家庭の主婦まで東洋医学にご興味のある方を対象にしています。
講座では、東洋医学の陰陽五行論と臓腑経絡論をたんぽぽ鍼灸院のスタイルで講義し、「気」の検証法であるFTを習得し、効果の高い臨床技術を身につける場を提供します。
この講座の陰陽五行論は、全ての東洋自然科学の理解に応用できるように解説します。
また臓腑経絡論は、FTにより検証可能な理論です。すでに他で学ばれた方もびっくりする内容です。
FTの研究と実技は、上級者も一緒に練習しますので、大変に参考になります。FTの習得に邁進してください。
最後は実技指導です。この場では腰痛などの簡単な疾患の診断法と治療法を学びますが、目から鱗の効果を体験し、参加者もしっかりと学びます。受講者の特典として、たんぽぽ鍼灸院の臨床見学を受け入れます。現場を見て体感してください。
臨床家は独立開業を目指し、臨床研究に活用してください。日々の練習も大切ですが、効果のある治療を体験することの重要性を認識します。実際に効果のある治療法は複雑でなく、いたってシンプルです。しかし効果は抜群なのです。
正統な東洋医学をしっかりと学んでみたい方、当講座の基礎編を学びFT技術を習得すると現代医学とは全く別の医学体系を学ぶことになります。「気」の医学である東洋医学を現代医学や科学から読み解くことは、残念ながら現在でもまだ不可能です。しかし、FTを習得しあなたが東洋医学に入ってくればその真髄がわかります。
※詳しくは、勉強会のページのシラバスをご覧ください。

学びは楽しく面白くないと身につきません。
先人の知恵の学びは、有益なもので、みなさんの興味を高めます。
鍼灸を専門にやってらしゃる方はもちろん、ご自身やご家族の健康のために勉強するのもご支援します。

漢方薬講座(1)季節の身近な漢方薬

漢方薬って誤解の多いお薬です。

1967年まで民間薬であった漢方薬を医師会の強引な政治力でお薬となり、1975年には保険適用となりました。
サプリメントが人気が出たので、医者の処方箋があれば保険で安く買えますよという具合です。
極めて、後味の悪い経緯を漢方薬は持っているのです。
これまでが大人の事情です。

では、正論。
漢方薬は誠によく効き、副作用の少ないお薬です。ただし、上手な方が処方すればです。

では、上手な専門家に処方を頼んだらいいのかと言いますと・・・
そんな漢方薬の専門家、なかなかいないのです。
医者は漢方薬の専門家ではありません。

どうして上手な処方を出す専門家が少ないのでしょう。
医者や薬剤師は漢方薬を成分で処方します。
しかし、漢方薬は成分の問題ではないのです。

一般のお薬は成分で処方が決まります。
でも、漢方薬は成分で処方しても、そんなに効果は出ません。
漢方薬がよく効くのは、足りない「気」を補完してくれるからです。
上手な漢方薬の処方法は、「足りない気」を読むことです。

ということは、漢方薬は薬局で買えるのですから、みなさんが「足りない気」を読むことができれば良いのです。

はい、お分かりですね。
この講座では、簡単な漢方薬の選び方を学びます。
基本的にいくつかの漢方薬の名前を覚えなくてはいけませんが、大したことではありません。
覚えて、ちょっとした優越感を味わいませんか。

とき:2019年5月12日、日曜日、午後2時より90分
ところ:たんぽぽ鍼灸院内
さんかひ:3,240円(税込)
れんらくさき:たんぽぽ鍼灸院、篠原or宇田
しかく:要りません
てきすと:配布します
じさん:ノートと筆記具

漢方薬講座(1)pdf