子どもの夜尿症・アレルギー・のど鼻症状に効くツボ療法

今日から9月。
どことなくいつもの月初めとちょっと違う方もおられるでしょうか。
お子様をお持ちの親御さんは、夏休みが終わった安堵感?2学期のスタートですね。
福岡の空は、涼しい風が吹き初秋を感じる気温の一日でした。
また残暑の到来はくるようですが…

8月のたんぽぽ鍼灸院は、小児科が目立った月でした。
夜尿症、アレルギー、夏風邪、咽頭炎…
子供の治療は短時間でシンプルなアプローチです。
東洋医学では、気の流れを促すのですが元々生まれ持った先天の気によるパワーがあるので、ちょっとだけつまづいている気を流れやすいようにツボに軽い刺激をします。
お灸やハリは使用しません。もぐさをくるくると丸めて貼ったり、磁石をシールでペタッと数分つけて症状が改善していくかを確認していきます。
治療法はとても簡単なので、おうちでもできるセルフケアをお伝えすることもあります。
診断は難しいのですが…

またナイーブなお子さんが多いのでママと一緒にベッドの横にいたり、おもちゃや絵本とともにベッドの上でマイペースに過ごしながら治療が可能です。そのせいか、次に来る時の子どもたちの表情が元気いっぱいです。案内する前に、走ってベッドに上ろうとする小さな子どももいます。「たんぽぽに行こう」と行って聞かない3歳の男児ママが困った様子で来院されたこともありました。明るく賑やかな院内の夏でした。

しのはら由香

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA