治療室より(海部)

今回は「身土不二」(しんどふじ)という言葉を紹介したいと思います。

 この言葉は、食生活に対する言葉で、「その土地で生まれた旬の食材を食べましょう」ということを表しています。大きく考えると、私たち人間も大自然の一部ですから、じぶんが生まれた土地の気候や風土と無関係に生きることはできません。
 その土地で生まれた人が、その土地で育った食材を、一番おいしい「旬」の時期に食べる事こそ、望ましいのです。
 日本人は古くから雑穀を中心とした食事をとってきましたが、今一度その食生活を見直し、取り入れるのもいいかもしれませんね。
 それと同時に、その土地でとれた旬の野菜、海藻類、魚介類、肉類などをバランスよく食べる事も大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA