心理のお部屋 ~年の瀬に寄せて~(由香)

今年を振り返ってみます。

私にとって「進」の一年でした。
2~3年前から患っていた婦人科の病気で手術を勧めらていたのですが、ようやく手術を受け、無事に成功しスッキリしたこと。
子どもが中学生になり、多感な思春期で、子どもとの関わり方を見直し、摸索しながらあらたな親子関係を築いたこと。
数年悩んでいた事柄が解決したこと。

どれも前に進んだ感覚です。

そして、一番大きかったことは、「愛着」について自分のなかに芯が築けていること。
自分自身のカウンセリングに取り組んでいました。
物心ついた幼少期から、ずっと両親に求めていた「愛情」。
大人になっても人を変えて愛情を求めている自分が、人生の脚本でした。
今年は、しっかりじっくり向き合った数回のワークを経て、「愛情とは…」に、いきついた感覚があります。また、これまで求めてばかりの自分のためだけの人生を手離して、世のため人のための人生を歩みたい気持ちが、しっくりと自分の中に落ちている感覚もあります。

あらためて、自分の体と心をリセットし前進した年でした。
とても良い気分で今年を締めくくることができると思います。
2014年に「ありがとう」という感謝の念が湧きあがります。

来年早々、1つ歳を重ねますが、自分の人生の歩みに誇りをもって元気いっぱいに活動しようと思います。
無理は利かない年齢(笑)ですが、ジムでの定期的な身体づくりを部活動感覚で楽しみながら、大切なものや大切なこと、大切な人に感謝しながら充実した2015年にしようと考えています。

皆さんにとっても、来る年が良き年となりますようにお祈りします。Be Happy !!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA