ストレス解消に心理カウンセリング@たんぽぽのわたげ薬院店

私たちは日頃の生活の中で、様々なストレスを無意識あるいは意識的に蓄積しています。
時間に追われる毎日、やりたくないことをやらないといけない環境、育児、仕事…
一番多いのは、やはり「対人関係」つまり人間関係によるストレスではないでしょうか。

皆さんは対人関係のストレスをどのように解消されておられますか。

親しい人に愚痴を聞いてもらう
美味しい物を食べる
考えないようにして忘れる
思いっきり好きなことにうちこむ
カラオケで発散する
体を動かす

たくさんのひきだしをもっておくと解消もより早く軽減できますよね。

ですが、特に毎日顔を合わせるストレス原の対象者には、なかなか解消法もおいつかなくなります。
すると…

ため息が多くなる
自分を責める
相手を責める
イライラする
不平不満が多くなる
体に症状がでる

こうなると、厄介なことになりそうです。

そんな時には、インナーチェンジングセラピーがおススメです。
私たちは感情を感じる生き物として生まれてきています。基本的情動といいます。
この感情を日頃は人前では出さないようになります。赤ちゃんは容易に表現しますが、人は成長とともに思考力が優位になり、嫌なことがあっても我慢することを学びます。そして周りの環境や人に適応する力を養います。社会でうまく生きていくために。
これはこれで大切なことなのですが、ストレス状態になると蓄積された我慢している感情は処理をする必要が出てきます。

嫌なものは嫌でいい
悲しいときは悲しくていい
腹が立ったら怒っていい
怖くないではなく、怖くていい
淋しくていい

私たちはありのままでいることで元気を取り戻します。環境や状況は変えられないけれど、ご自分の気持ちがスッキリしてきたら、思考力が働きだし、ストレス原の対象者に対して見方や考え方が変わっていくことが多々あります。
自分が変われば、自分が楽になれるのです。

ですが、なかなか自分だけの力では、どうやってありのままでいられるのか難しいものです。
なぜならば、慣れ親しんだやり方が身についているので、気づきにくくなるのです。

たんぽぽのわたげ@薬院の心理カウンセラーは、そういう人たちの支援をします。
誰でも持っている気づきの能力を促していくという役目、感情処理を促す役目をします。
アドバイスはしません。

ストレス解消法のひとつに心理カウンセリングは効果的です。早く楽になれます。お試しください。

この春が、皆さんにとって心地よく過ごせますように。

KEI_1759

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA