病状を重くする熱中症

空梅雨でしょうか?なかなかまとまった雨が降りませんね。しかし、今日の福岡は夏日のよう。じりじりと紫外線に焼かれて、シミ・しわができないようにサンガードをしっかりしてくださいね。

さてさて、最近の本院の傾向ですが、風邪と熱中症をダブルでまとわれている方が多いように思います。この2つがあると、抱えている病状を重くしてしまいます。逆にこの2つを何とかしてあげることで劇的に病状が軽くなる事もあります。なので、たんぽぽでは、まずこの風邪と熱中症を軽くする治療からはじめます。

熱中症は、身体に熱がたまった状態を一般的にいってますが、たんぽぽでは、心臓に熱を持っている状態を熱中症としています。心臓がオーバーヒートしている状態なので、心臓の動きが鈍くなり、血液の循環がうまくいかず、疲労感が強くなり(循環がうまくいかないと疲労物質がたまりやすくなります)、また、頭への血液循環がうまくいかず思考が鈍くなり眠くなります。「身体が重くだるくて眠くて仕方がない」という方は熱中症が疑われます。

熱中症の時には、心臓の機能をUPさせるために水分を摂取すことをおすすめしています。のどが渇く前に摂取する事が大切なので、ちょこちょこ飲みをしてみてください。また、東洋医学的には「苦味」があるものが「心」を強化しますので、ゴーヤやみょうがをとられるとよろしいかと思います。

また、この梅雨の時期は湿度が加わり、熱中症を重くしてしまいがちです。軽い運動をして、身体からいらない水分を発散させるといいですよ。

(今日のまとめ)
・熱中症には、こまめな水分補給を!
・「心」を強化にするには「苦味」をとれ!
・身体が重いなら軽い運動を!

鍼灸師 大峰さゆり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA