人はふたつの私を生きている

何のことだろうとお思いかもしれません。

結論からお伝えします。
●無意識の私
●意識の私
という意味です。

意識の私は、みなさんが日頃おくられている生活のなかで理解されていることです。置き換えると「頭の私」でもあります。日常生活を過ごすのに、頭をつかっていますよね。何時になったら出かけて、やることをやって、やらなければいけないことをやって、時間とともに食事をとったり、休んだり、日々の生活には基本的に時間軸で頭を使い行動しておられるかと思います。意識の私はそうやって知識や情報を得てかしこくなって成長していきます。

一方で、無意識の私はどうでしょう。たとえば、夢を見ているとき。なんでこんな夢をみたんだろうと朝起きて思うこと、なんだかわからないけど誰かのことがふと気になってコンタクトをとってみたり、急に人恋しくなったり、さびしくなったり、イライラしたり、楽しくなったり、やる気が出たり…いろんな感覚や情緒が現れるのは頭を使っているからではありません。

今日私がお伝えしたいことは、この無意識の私に焦点をあててみたいと思います。
それは「カラダの症状」です。
頭が痛い、お腹が弱っている、腰が重い、肩が凝っている、耳なりがする、吐き気がする、足が痛い…
さまざまな体の症状は、頭で起こしているわけではありませんので、「無意識の私」からのサインだと考えます。

たんぽぽ鍼灸院の初診で、カルテ作成ときに問診票に応えていただくのですが、症状の原因はなんだと思いますか?という問いがあります。そこに「わかりません」「原因不明」と書かれる方は結構おられます。
分らないから対処法に困って来られる方もおられるわけですが、ご自分の体におきている症状は何が原因かに「気づく」と、その途端、頭の私である「意識の私」に切り替わり、原因を取り除くことで解消することもあります。

「気づき」の能力は、心理カウンセリングでも大切な作業です。
ご自分の一部分に気づくことで、客観的に自主的に冷静な判断力があと押ししてくれます。
問題解決の大きな一歩です。そのくらい重要な作業です。

私は日々の臨床で確信しています。
こころとからだはひとつであること。

人はふたつの私を生きていますが、無意識の私と意識の私の関係性にバランスをとりながら人生を豊かに過ごしたいものです。

鍼灸師・心理カウンセラー
しのはら由香

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA